1度の旅で2回冒険するということ

SHARE:

朝の戦略会議が終わり、ティグ・ヴァンスは数人の同僚と会議室に残り、彼のスマートフォンの画面を覗いていた。グレーのASUS ZenFone 3 Ultraの中では、飛行機から海に向かってジャンプしている動画が再生されている。

来月、ティグはインドネシアのバリの近くロンボク島のリンジャニ山の頂上で、彼同様アウトドアなアクティビティーが好きなルリーと結婚する。そのため、独身最後の思い出にと、彼の仲間たちと週末にスカイダイビングに繰り出していたのである。

%ef%bc%91

「ぼくは自分の冒険すべてをこのモバイルに保存するつもりだよ。」とジャカルタでデジタルマーケティングをしている28歳のアメリカ人ティグは言う。

「ラッキーなことに、このスマートフォンはカメラの性能がとてもよくて、高解像度の写真を撮ることもできるんだ。さらに、バッテリーも申し分なくて、動画もずっと撮っていられるね。」

ティグが持っているZenFoneは、フルで使っても最大約34時間もバッテリーがもち、記録に残したい冒険のほとんどを保存するのに十分な容量がある。さらには、リバースチャージ機能を使って、彼女のスマートフォンのバッテリーを短時間で充電することもできる。

流れるように画面をスワイプさせながら、過去に世界中で撮影した素晴らしい写真や動画(ルリーとのカヌーやカヤック、サーフィンなどの写真)を見せていく。

「いつでもポケットの中に写真や動画を入れておくことができるのはほんとに嬉しいことだよ。」大好きなアルバムの1つに手を止めて、「特にトレッキングの最中に撮影した火山の火口は素晴らしかったな。もともと火山の噴火によってできた巨大なクレーターなんだけど、このカメラは煙の薄い線まで撮影することができるんだ。霧だって撮影できてしまうよ。」と写真をズームさせながら話している。

the picture zenfone 3 ultra

オートフォーカスと2300万画素の解像度を搭載した最先端のカメラで写真の撮影ができるため、ティグの写真はとてもシャープで、冒険の細部にいたるまでとらえることができている。「ぼくは数か月前から週末のちょっとした冒険でもドキュメンタリーを撮り始めたんだよ。するとInstagramで以前の3倍ほどのユーザーがフォローしてくれたんだ。」とティグは笑いながら話す。

今ではInstagramで3000人以上のフォロワーがいて、彼らはカワプティ山にトレッキングした時のパノラマ写真やジョグジャカルタにある9世紀のボロブドゥール遺跡の日の出の動画を好んで見ている。先月、バリのウルワツでのプロサーファーの動画はかなり多くの反響を得ることができ、ボートでカリマンタンのジャングルをいくツアーの写真は4月からずっと新しいフォロワーをひきつけている。

ティグは彼の冒険的なライフスタイルをInstagramなどで見せびらかすためにだけにやっているのではなく、デジタルマーケターとして、自身のソーシャルメディアのアカウントを通じて、ウェブ上でユーザーの反応を見ている。クライアントに説明する際の手助けとなることもあり、彼が撮影した写真や動画は、仕事にも多大な貢献をしている。

そして、ティグは同僚たちと社員旅行の冒険のアイデアを話しながら会議室を後にした。