eスポーツ専門学科における ASUS ゲーミングブランドのフルデバイス導入/岡山ビジネスカレッジ

SHARE:

中四国の専門学校で初となるeスポーツ専門学科の実習室にASUSのフルデバイスを導入

岡山県岡山市に校舎を構える専門学校岡山ビジネスカレッジは、1983年の開校以来、学生や社会のニーズに合わせて9つの学科を設立。時代に応じた地域に役立つ人材を輩出してきました。そんな同校では10番目の学科として、「eスポーツビジネス学科」を新設。eスポーツに携わる人材を育成する学科は、中四国地方の専門学校で初となり、メディアや業界の注目を集めて、2022年4月からスタートが切られます。

そんな同学科では、デスクトップPCやディスプレイ、キーボードなど、授業に欠かせない機材をASUS製品で統一。ASUSとしても、フルデバイスを一括導入するのは日本初の経験で、目玉となる施設の環境整備に同校と二人三脚で取り組んできました。

本記事では、新設したeスポーツビジネス学科に導入する機材の選定に携わった佐倉涼太氏と、導入をサポートしてきた弊社(ASUS JAPAN株式会社)セールス本部 コマーシャル営業部 1課の黒澤吉博、同システムマーケティング部 テクニカルPRの瀬口佳吾による機材選定のポイントや今後の展望について対談型式にてお届けします。

学生の期待や業界の需要に応えるためにeスポーツ専門学科を新設

岡山ビジネスカレッジ 佐倉氏:
当学科は中四国地方の専門学校で初となりますが、eスポーツの熱はこの地域でも近年高まっており、興味を持って中学や高校時代から自主的に活動している学生がたくさんいます。そんなニーズを単に受け止めるだけでなく子どもたちの将来を考えると、人材育成や就職に関してもサポートできる施設が必要だと考えて今回新しく設立しました。

eスポーツ業界に携わることを考えると、プレイヤーとしてだけでなく、さまざまな道があります。そこで、ゲームスキル以外にもITスキルやビジネススキル、コミュニケーションスキルなどを総合的に学習できるカリキュラムを組み、動画編集やゲーム実況、eスポーツイベントの企画・運営といったノウハウも身につくようにしました。

就職先も、eスポーツ関連職種はもちろん、IT系や大学編入など、幅広い進路を選択できる学科を目指しています。実際に募集した30名弱の枠は早々に埋まりましたが、半数以上はプレイヤー以外の進路を希望しています。

初の試みに一緒に取り組むパートナーとしてASUSを選択

岡山ビジネスカレッジ 佐倉氏:
学科設立にあたっては、岡山県で活動する「岡山県eスポーツ連合(JeSU岡山)」にも相談してアドバイスを受けてきました。その中で、導入する機材選定の話になったときに、候補として上がったのがASUSです。世界シェア上位のパソコンメーカーというだけでなく、日本のeスポーツ業界にも多数の導入実績があり信頼感もありました。ただ、一番の決め手は先方の熱意です。他のメーカーも比較検討する中、ASUSは中四国地方からeスポーツ業界を盛り上げたいという当校の想いに応えてくださり、お会いした黒澤さんや瀬口さんも、非常に前向きに応援をしてくれました。

ASUS 瀬口:
中四国地方初の専門学校を作るということで、最初にお話をいただいたときは私たちも熱意を感じましたし、そのパートナーに弊社を選んでいただけたのはとてもうれしかったです。弊社としてもフルデバイスを導入するのは日本で初めてのことなので、これから一緒に新しい挑戦をしていければと思っています。

岡山ビジネスカレッジ 佐倉氏:
eスポーツビジネス学科では、普段の授業をする「Gaming PC Room」のほかに、対戦ブースや実況配信設備を完備した「Event & Classroom」と、学生が自由に配信できる「YouTube Streaming Room」があり、すべての教室でASUSのデバイスを導入しています。今回は、デスクトップPC本体以外に、マウス・マウスパッド・モニター・キーボード・ヘッドセットの6製品をご用意いただきました。

ASUS 黒澤:
PCやマウス、マウスパッドに関しては、プレイにおいて最大限のパフォーマンスが発揮できることはもちろん、年間を通じて学生が使うことを考えた耐久性も必要というリクエストがありましたので、ROGシリーズをご提案させていただきました。また、耐久性が欠かせないモニターやキーボード、ヘッドセットは、パフォーマンスも両立できるASUSおよびASUS TUFゲーミングシリーズが最適だと考えております。

岡山ビジネスカレッジ 佐倉氏:
ハイレベルなプレイを身につける上でも、最大限のパフォーマンスを発揮するための環境整備は必須です。当学科では、「リーグ・オブ・レジェンド」と「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」の2タイトルを教えますが、どちらも安定したプレイができて、これなら自信を持って学生を迎えることができると思いました。さらに、動画編集やillustrator、Photoshopなどを使った授業も同じデバイスで行いますが、もちろん問題なく稼働できました。授業では実際に現場で活躍するプロの方も講師として招く予定ですが、この環境なら授業もスムーズに進められて、必要なことを漏れなく伝えてくれると思います。

eスポーツを通じて人間教育と地域の活性化を目指す

岡山ビジネスカレッジ 佐倉氏:
当校は、eスポーツビジネス学科に限らず、産学連携を強化することも大きな目標の一つです。学内での学びだけでなく、イベントの企画運営などを岡山県eスポーツ連合や、そこに加盟する会員企業と連携することで、より実践的な学びにつながります。将来、eスポーツ業界で活躍する人材の育成とeスポーツを活用した地域活性化を目的として、これから積極的に活動していきたいと思います。

また、中四国地方初の専門学校として、eスポーツを新しい教育ジャンルとして確立したいとも考えています。そのためには、先ほどにお話ししたような実践的なカリキュラムを通じて、学生のサポートや進路指導を行い、eスポーツが単なる遊びではなく人間教育としても活用できることをアピールしていければと思っています。岡山県eスポーツ連合には、旅行業界など、一見eスポーツとは関係なさそうな幅広い業界の企業が加盟しており、今回相談をする中で、期待の高さがうかがえました。そんなニーズに応えることができる人材を育成していきます。

ASUS 瀬口:
弊社は教育分野において短期的なサポートの実績はあるものの、学科の立ち上げ初期から参画するのは初の試みでした。大きなチャンスをいただいたので、今後もご要望には可能な限り応えていければと思っています。また、新設学科ということもあり機材導入や保守だけでなく、学科の告知にも微力ならが協力させていただくつもりです。岡山ビジネスカレッジへの導入をきっかけに他校での実績も増えれば、将来的には学校同士の交流も盛んになるでしょう。今後もお互いにとって初めての取り組みをいい形で進めていき、Win-Winの関係が長く続けばうれしいです。今はコロナで難しいですが、ASUSの本社がある台湾への学生向けツアーやASUSと共同で企画するイベントなども開催できればと思っています。

出典:ASCII.jp 「岡山県の専門学校にASUSのフルデバイスを導入」


◆お客様プロフィール
学校名:学校法人貝畑学園 専門学校 岡山ビジネスカレッジ
住所: 岡山県岡山市北区岩田町3−22
業種:専門教育

1983年(昭和58年)に「専門学校岡山ビジネスカレッジ」を開校。2022年4月にスタートする「eスポーツビジネス学科」を含め、社会の人材ニーズに合わせて設立した10の専門学科を有する。2002年(平成14年)には、「専門学校岡山ビューティモード」も開校。業界に携わる現場の声を徹底的に吸い上げ、「専門力教育」・「人間力教育」・「現場力教育」の3つのカテゴリーに分類したカリキュラムに反映している。「検定合格メソッド」や「就職内定メソッド」も用意して、学生の夢の実現をサポート。開校以来、質の高い学校運営を続けている。